英日翻訳(Japanese Translation Sample)その2

ご依頼前に英日翻訳のサンプルその2をご覧くださいませ。欧米を中心にした世界の社会問題などのニュースを和訳しております。

担当:宝島(ほうしま)

問い合わせメールアドレス:

biz@shomei-honyaku.com

 

お見積りは、無料です。

下記は、英語から日本語翻訳のサンプル その2です。

英語から日本語翻訳のサンプル その1はこちらをクリック

和訳のご依頼の参考になれば、幸いです。

Translated by Takahiro Hoshima

ジェンダーの平等:

アイスランドの事例に学ぶ

 

世界におけるジェンダー間の賃金ギャップが最も低いのはアイスランドで、ジェンダーの平等においてここ10年ほど牽引役となっている。97%の男性が育児休暇を取得し、子供は学校で実際の平等の意味を学ぶ。これは、まさにアイスランドの90%の女性が参加した女性ストライキを敢行するに至った積極的な女性運動の成果だと言える。

アイスランドのジェンダーの平等に目を向けてみよう。

毎年、世界経済フォーラムはジェンダー・ギャップ指数(男女格差指数)を公表している。過去10年間、アイスランドはジェンダー平等に関する報告書においてランキング1位である。欧州北部のこの小さい国は、より公平な生活の為の解法をみつけたようだ。

 

アイスランドでは、男女間の賃金不平等を禁止している

2018年1月から新しい法律によって、会社が同一職種の男女に支払う賃金を不平等にする事を禁止した。アイスランドは、男性に女性よりも多く支払う事を違法とした世界で最初の国となった。

 

 

ジェンダーの平等に関しての闘争は終わらない

そうではあっても、アイスランドに関しても、まだ充分ではない。2022年までに男女間の収入格差は、完全に撤廃される予定になっているが、概して、男女間の賃金格差は依然として16%存在する。女性が多く占める職業について賃金が低いのはアイスランドも同じだ。これと闘う為、労働組合は組織的活動を行っており、ジェンダー平等に関する闘いを止めてはいない。

「私たちが活動を止めれば、ジェンダー間の格差は再び拡がるだろう」と、労働組合長のラグナ―・ソル・インゴルフソンは語った。

 

男性も育児休業を取得しなければならない

しかしながら、アイスランドの平等化の方針は、ずいぶん前から始まっている。他の国々では女性にしばしば目に見えない障壁が立ちはだかっており、男性と同じようにしてトップの地位に就く事は難しい。若い女性だった場合、出産に関連してよくある事だが、給与は大幅に減少する。

アイスランド政府は、男性がキャリアを追う一方で女性が育児で身動きが出来ないような状況を容認したくはなく、育児休暇制度を是正した。アイスランドでは両親に対して9カ月間の休暇を与えられるが、そのうちの3か月はどちらか一方が取得し、別の3か月はもう一方によって取得されなければならず、残りの期間は両親間で分割する事ができる。期間中は給与の80%が支給される。

 

本物のフレキシビリティー

育児休暇は柔軟に調整が可能で、アイスランドでは、パートタイムの仕事や育児の時間を育児休暇に絡めてパートナーと柔軟に共有する事が可能だ。望めば、1週間だけ働いた後、次の1週間を育児休暇にあてる事が出来る。原則として、雇用主と従業員の間での合意がある限り、どのような組み合わせ方も可能だ。アイスランドの父親は、母親とほとんど同じぐらい子供と一緒に過ごすが、子どもが生まれると両親に追加で14日間の有給休暇が与えられる事もこれを可能としている。

リーダー的ポジションの40%は女性で占められるべき

上述の方策は育児を男女平等に分けるもので、アイスランドの女性は他の欧州の国々よりもキャリアブレイクをより少なく抑えている。それでもなお、「目に見えない障壁」はアイスランドでも存在しており、女性の管理職への昇進は難しい。

アイスランドの平等政策はこの問題にも取り組んでいる。ジェンダー平等に関する法律によって、すべての管理職の少なくとも40%は女性でなければならないとされた。従業員が25人以上の会社は、女性を昇進させるプログラムを実施する必要があり、このプログラムの達成状況は3年毎に検査される。

 

学校教科としての平等

アイスランドの政策は、両親にだけ注力しているわけではなく、就学前から子どもたちは平等の価値を学び、女の子は自分に対して自信を持つように後押しされる。平等は、すべての事柄において分野横断的で、性差別的な教科書の使用は法的に禁じられている。

 

90%の女性が参加した1975年の女性ストライキ

進歩的な法律の制定までの道のりは長かった。大きな節目となったのは、1975年に起きた大規模な女性ストライキである事は確かだ。アイスランドの5大女性組織からなる委員会が、国際女性年である1975年10月24日にアイスランドの女性たちに仕事をストライキするよう呼び掛けた。この小さな国の90%もの女性がこの抗議運動に参加した。この日、アイスランドの人口のほぼ10%に相当する2万5千人の女性が賃金アップを求めて街路を行進した。1980年には、ヴィグディス・フィンボガドゥティルが、初の女性大統領に就任し、世界で初めて民選の女性国家元首となった。

 

Original text from SCOOP.ME

Gender equality: lessons we need to learn from Iceland

With the lowest gender pay gap in the world, Iceland has been the leading force in gender equality since 10 years. 97 percent of men take parental leave and Children already learn at school what real equality means. This is, among other things, the result of an active women’s movement that organized a women’s strike in which 90 percent of Icelandic women participated.

Let’s have a look at the iceland of gender equality.

Every year, the World Economic Forum publishes the Global Gender Gap Report. For 10 years, Iceland has been ranked first in the report in terms of gender equality. This small country in the north seems to have found the key to a fairer life.

 

ICELAND FORBIDS UNEQUAL PAY BETWEEN MEN AND WOMEN

Since January 2018, a new law forbids companies to pay women and men with similar jobs unequally. Iceland became the first country in the world to make it illegal to pay men more than women. Companies with more than 25 employees have to prove that their male and female employees get equal pay for equal work: As a result, the gender pay gap in similar jobs in Iceland is just 5 percent.

 

THE FIGHT FOR GENDER EQUALITY IS NOT OVER YET

However, for Iceland, this is not enough: By 2022, the difference between men’s and women’s incomes is set to disappear completely. In general the gender pay gap is still at 16%. Professions dominated by women are paid less in Iceland as well. To fight this, the trade union started a campaign and will not stop the fight for gender equality:

“Because if we stop, the gender difference will increase again,” says union president Ragnar Thor Ingolfsson.

 

MEN HAVE TO GO ON PARENTAL LEAVE TOO

However, Iceland’s equality policy starts much earlier. In other countries women often line up at the glass ceiling and cannot reach the same top positions as men do. When it comes to young women, the salary curve makes a significant downward turn – often in connection with the birth of a child.

The Icelandic government did not want to accept that women would be stuck with childcare while men were pursuing careers. It reformed the parental leave system. Icelandic parents are entitled to nine months’ leave, during which time they receive 80% of their salary. Three months of this have to be used by one parent, three months by the other. The rest of the time can be split between the parents themselves.

 

REAL FLEXIBILISATION

However, parental leave can also be arranged flexibly: Icelanders can combine it with part-time work or share childcare hours flexibly with their partner. If they want, they can work for one week and consume one week of their parental leave in the following week. In principle, any combination is possible as long as employees and employers agree on it. Iceland’s fathers spend almost as much time with their children as their mothers. This is also possible because they are entitled to additional 14 days of paid leave when a child is born.

 

40 PERCENT OF LEADERSHIP POSITIONS MUST BE STAFFED WITH WOMEN

The measures mentioned above divide childcare between men and women more equally. Due to this, Icelandic women experience fewer career breaks, compared to other European countries. Nevertheless, the “glass ceiling” can also be found in Iceland. Women are less likely to be promoted to management positions.

However, Iceland’s equality policy addresses this problem, too. The gender quality law  states that at least 40 percent of all management positions in companies must be held by women. Companies with more than 25 employees have to implement a programme to promote women – the realisation of this programme is being monitored every three years.

 

EQUALITY AS A SCHOOL SUBJECT

Iceland’s policy does not only focus on parents. Beginning at preschool, children learn about the value of equality and girls are actively encouraged to have more confidence in themselves. Equality is also a cross-cutting issue in all matters – and sexist textbooks are legally forbidden.

 

WOMEN’S STRIKE 1975: 90 PERCENT OF WOMEN PARTICIPATING

However, the road to such progressive legislation was a long one. A key moment certainly was the big women’s strike in 1975. A committee of the country’s five largest women’s organisations called on Icelandic women to leave their work on 24. October to strike on international “Women’s Year”. And indeed, 90 % of the women of the small country participated in the protests. Also, 25,000 women marched on the streets on this day to demand higher wages: This was almost 10 percent of the Icelandic population. In 1980, Vigdís Finnbogadóttir was finally elected president. She was one of the first female leader of the world.

 

 

 

 

Translated by Takahiro Hoshima

トレス海峡諸島民がオーストラリア政府に対する気候訴訟で勝訴

 

 

国連人権委員会(UN Human Rights Committee)は、オーストラリア政府がトレス海峡諸島の住民を気候危機によってもたらされる影響から十分保護していないと裁定を下した。海面の上昇が、何世紀にも渡ってトレス海峡諸島に住む先住民の文化、家々、生活を脅かしている。政府は、直ちに影響を受けている人達へ補償を行い、対策を講じる必要がある。

 

気候危機が、トレス海峡諸島の住民の文化および生活を追い詰めている。イェシー・モスビー(Yessie Mosby)もその影響を受けている住人の一人で、海面上昇についてかなり前から心配してきた。海水は、家屋や道路だけでなく、先住民の神聖な墓地をも押し流してしまう。

 

そういう理由で、モスビー氏と他7名の諸島民は、2019年に国連人権委員会へ提訴した。

 

国連人権委員会が諸島民の権利を擁護

 

先週、国連人権員会は、トレス海峡諸島民を支持する裁定を下した。この裁定の理由は、オーストラリア政府が気候危機がもたらす影響や損害から住民を十分に保護していないというものだった。政府は、速やかに影響を受ける人に対して補償する必要がある。

 

裁定に法的拘束力はないが、総じて国連加盟国は国連人権委員会の決定を受け入れる。特に、市民的及び政治的に関する国際規約(International Covenant on Civil and Political Rights)に明記されている権利の侵害にあたる場合、裁定に従う。

 

オーストラリア政府が、市民的及び政治的に関する国際規約に明記の権利を侵害

 

「国際人権法において、この国の先住民は、束縛を受けずに自分達の文化および生活を実践する権利を有している」と、モスビー氏は、ブリスベン・タイムズ誌への声明の中で語った。

 

モスビー氏は、国連の「市民的及び政治的に関する国際規約」を引き合いに出した。とりわけ、この規約は家族と文化的生活を保護しており、1966年にオーストラリアを含めた国連加盟172カ国によって署名されている。

 

「束縛のない文化的行動様式の行使」および家屋、私生活、家族の権利が侵害されてきたと、委員会は裁定を下した。そういう理由で、国はトレス海峡諸島の住民に補償を行わなければならない。

 

「この決定は、国のシステムが気候危機の悪影響を非常に受けやすい人達の人権の享受を保護する為に適切な対策を実施できない場合、個人がその不服申し立てをする為の道筋を委員会が与えたのは大きな進展である」と、委員会メンバーのエレーヌ・ティグルージャ(HÉLÈNE TIGROUDJA)は語った。

 

この判決は、より多くの人権に基づく気候関連の訴訟の前例に成り得るだろう。

 

訴訟は、モリソンの保守政権を標的に

 

国連人権委員会への訴訟は、スコット・モリソンの右派の保守的政権(2018~2022年)に向けられたものだった。

 

批評家は、気候危機を真剣に捉えていないとモリソン氏を繰り返し非難していた。モリソン氏は、十分な気候保護を確保するのは自身の政権の責任ではなく、むしろ企業や消費者の責任であると、一貫して強く主張していた。

 

2022年に政権を握ったアルバニージ氏の社会民主的な政権は、既に選挙期間中に、さらなる気候保護に取り組む事を明言していた。

Original text from SCOOP.ME

Torres Strait Islanders win climate lawsuit against Australia

 

Provided for you by Ingo Geiger – October 5, 2022

According to a ruling by the UN Human Rights Committee, Australia has not sufficiently protected the inhabitants of the Torres Strait Islands from the consequences of the climate crisis. Rising sea levels threaten the lives, homes, and culture of the indigenous people who have lived on the island for centuries. The government must now compensate the affected people and take measures to protect them. 

 

The climate crisis threatens the lives and culture of the inhabitants of the Torres Strait Islands. Yessie Mosby is one of them. He has long been concerned about rising sea levels. The salt water not only washes away homes and roads, but also the sacred burial sites of the indigenous population.

 

That’s why Mosby and seven other islanders filed a complaint with the UN Human Rights Committee in 2019.

 

UN Human Rights Committee upholds the rights of islanders

 

Last week, the United Nations Human Rights Committee ruled in favor of the Torres Strait Islanders. The reason for the ruling was that Australia had not sufficiently protected them from the consequences and damage cause by the climate crisis. The government must now make up for this and compensate the affected people.

 

Although the ruling is not legally binding, UN member states generally abide to the decisions of the UN Human Rights Committee. Especially when it comes to violations of the rights set out in the International Covenant on Civil and Political Rights.

 

Australia violates rights enshrined in the International Convention on Civil and Political Rights

 

“UNDER INTERNATIONAL HUMAN RIGHTS LAW, THE INDIGENOUS PEOPLE OF THIS COUNTRY HAVE THE RIGHT TO PRACTICE OUR CULTURES AND LIVE FREELY.”, SAID YESSIE MOSBY IN A STATEMENT FOR THE BRISBANE TIMES.

 

Mosby refers to the United Nations’ International Covenant on Civil and Political Rights. Among other things, the Covenant protects family and cultural life. It was signed in 1966 by 172 UN member states—including Australia.

“THIS DECISION MARKS A SIGNIFICANT DEVELOPMENT AS THE COMMITTEE HAS CREATED A PATHWAY FOR INDIVIDUALS TO ASSERT CLAIMS WHERE NATIONAL SYSTEMS HAVE FAILED TO TAKE APPROPRIATE MEASURES TO PROTECT THOSE MOST VULNERABLE TO THE NEGATIVE IMPACTS OF CLIMATE CHANGE ON THE ENJOYMENT OF THEIR HUMAN RIGHTS,” UN COMMITTEE MEMBER HÉLÈNE TIGROUDJA SAID.

The ruling could thus become a precedent for many more climate lawsuits based on human rights.

 

Lawsuit targets Morrison’s Conservative government

 

The lawsuit before the UN Human Rights Committee was directed against the right-wing Conservative government of Scott Morrison (2018-2022).

 

Critics repeatedly accused Morrison of not taking the climate crisis seriously. Morrison consistently stressed that it was not the responsibility of his government, but rather the responsibility of businesses and consumers, to ensure sufficient climate protection.

 

Albanese’s social democratic government, which has been in office since 2022, already committed itself to more climate protection during the election campaign.