Japanese Translation Service Sample(英日翻訳)

証明書以外でも、契約書、金融、ビジネス、論文などの英日翻訳しております

担当:宝島(ほうしま)

問い合わせメールアドレス:

biz@shomei-honyaku.com

 

メールいただければお見積りいたします。

下記は、英語から日本語翻訳のサンプルです。

和訳のご依頼の参考になれば、幸いです。

Translated by Takahiro Hoshima

結婚だけでなく、共同養育の取り決めが必要

私が米国の大学院生だった1980年代初頭、所属していた女性支援団体のメンバーの女性が妊娠した事を知らせてきた。彼女は独身で、真剣に付き合っていたわけではなかったが、子供を産んで自分で育てる意向であると私たちに告げた。生物学的な父親には、中絶を強要されたり、目の前から姿を消した後年になって子供の人生に介入してくるのを恐れ、知らせない事を決めた。彼女はひとり親になる道を選んだ。

私の母親が父親と結婚した時も似たような境遇だった。米国では当時、父親が子育てに関与しないのは普通だった。現在、私たちが「伝統的な結婚」と呼んでいるものは、すべての基本的な育児は妻に任せる事が明確である以外、育児を共有する為の行動規範は示されていなかった。一般的に父親は、母親のしつけ方を後押しする為に時々必要とされるような存在だろうが、私の場合は幸い父親がそういう役目で母親から協力を求められる事はなかった。両親が別れる時も、どちらが子供たちを引き取るのかは問題とはならず、それは当たり前のように妻、つまり私の母親の役目だった。離婚してからは、父親とはますます疎遠になり、父親が自分の子供たちの成長を知る機会はなくなった(長男は12歳で亡くなっている)。

ひとり親家庭の親になる事を自らの意思で選択したり、結婚生活における子育てを離婚後も行う。これらの状況は、結婚制度が複雑で移り変わる親として立場の本質を手助けしていない事実に目を向けさせる。現代の家族のあり方は変化してきていて、初期の段階で婚外子を持つという選択をする人達がどんどん増えてきている。1970年に、米国での婚外子の割合は全体の11%であったが、2014年には40%まで上昇している。ノルウェー、スウェーデン、フランス、メキシコ、アイスランドなどの国々では、全体の半数以上が婚外子である。

この傾向は、家族の安定には結婚が不可欠と考える人を悩ませる。しかし、親になる時の事情や状況は人それぞれ異なり、またそれらは多くの場合、結婚を促すものとはなっていない。親子の生活に対する、幾ばくかの金銭的および精神的安定をもたらす代替手段はないのだろうか?

公的な婚姻契約に類似のもので、私たちは公的な「共同養育契約」およびそれに関連する民法上の身分を必要としている。それは、自分の子供たちに関してそれぞれの親の権利と責任を正式に決めるだけでなく、原則を明確にし、お互いが関わり合って意思決定するものでなければならない。

子どもたちは成長過程において何人もの大人から継続的かつ多大な支援を受け取るものであるが、それが必ずしも婚姻を結んだ人間からの養育を必要としているわけではない。子どもたちの親は、もう一方の親が子どもに対して有する権利を尊重すると共に、家族の世話や家計の助けになるような方法で貢献し、効果的に協力する必要がある。英国では既に、両親が未婚であったり、離婚した、再婚した、あるいは継親である場合、子どもたちの共有親権の条件を定める事を意図した「親の責任に関する合意(parental responsibility agreement)」を結ぶ事が出来る。これには離婚後の共同親に対して、子どもの基本的生活状況を報告し、住居、学校教育、医療、ならびにその他の費用を支援する義務などが含まれている。

しかし、私は公式な共同養育の概念をもう少し前進させ、結婚や同居する意向のない両親、あるいは感情を伴う親密な関係を望まない両親を含める必要があると考えている。米国では、独身の大人でニューヨークタイムズ誌で言及するところの「カップルよりも劣る」家族の形成の為に相応しい共同親を探す支援を行う「Family By Design」や「Modamily」という組織が既に設立されている。しかし、国が法的に認めないことから、共同親たちは自分たちで取り決めを策定する必要がある。そのような、私的な交渉による契約は、弱者や脆弱な当事者の権利を保護出来なかったり、利用可能な法的アドバイスの特性を反映できない可能性がある。

もちろん、結婚と同様に、公に共同養育の取り決めを行ってそれを継続するのは、自主的になされるべきだ。つまり親がそれを望むならば私的もしくは非公式な取り決めを行うのも自由であるべきだ。しかし、制度化された公的な選択肢が無ければ、特に関係性が壊れた後に家族は悪夢のような対立に晒される危険性がある。

親になろうとする時、自分の利益が阻害されたり損なわれたりする将来の可能性のすべては予想できないだろう。特に関係が壊れた後、親たちは自分でも不当だと認めるような、自分に対してされると憤るような戦略をしばしば使うようになる。しかし、子どもへの接触や日常生活における関わりが危うくなれば、どんなにまともな人であっても、もう一方の親に対する倫理的配慮は優先されなくなるものだ。私の友達の中にも、友達の友達の中にも、パートナーが米国市民権を欠いている事を交渉の切り札として利用する人がいた。他にも、同性の共同親が親としての法的地位を得ていない事を巧みに利用する人がいた。さらには、共有した取り決めを実行不可能とする為に、もう一方の親から遠い場所へ住居を引っ越す選択をする人もいた。私たちの多くが、それと類似した話を知っている。

結婚が子育ての共有に関する条件をカバーできていない理由から、公的な共同養育の約定が「伝統的」家族および非伝統的家族の双方に対しての社会保険のスキームを提供できる可能性がある。公的な約定は、例えば親が子どもの生活に関与する権利や、各々の親から適切な形で子どもへの支援が受けられる権利など、親としての基本的な権利を保護するのに役立つだろう。もし、共同親の協調関係が崩れた時でも、その契約の存在は裁判所や調停人が共有する親の責任に関しての新たな取り決めを交渉する際の指針と成り得る。

親としての立場を正式なものとする一連の手続きは、初期の段階から自分たちの想定する事柄を考え抜いたり、相手に伝えたりする事を促す事になる。親として第一歩を踏み出そうとする時に、誰が職業キャリアを犠牲にして子どもと一緒に家にいるようになるのか、もし親が別居した場合にどのように子どもの時間を分け合うのか、どれだけ子どもの将来の人生に影響を及ぼす重要な決定なのかなどを、親に成る人たちに熟考させたり議論させる後押しとなるのは社会的に賢明な事だ。

もちろん、子どもの誕生のような重大な局面を事前に正確に予期する事は難しいので、約定を細部に至るまで規定する必要はない。しかし、肝心なのは、生活における共同養育の関係性の優位性についての公的な宣言および正式なコミットメントの関わりにおいて将来の意思決定が行われるという点だ。そのような合意が、親たちが相互利益を達成する為のインセンティブと成り得る。その理由の一つとして、取り決めの終了が具体的な結果をもたらす事を分かっているからだ。

端的に言えば、親としての権利、ならびに自分の子どもとの関係は、親同士の恋愛事情の浮き沈みで左右されるものであってはならない。友達としてあるいは少なくとも協力者として、共同養育を行うのは、子どもにとっても、親にとっても、社会にとっても好ましい。もし、過ぎさりし過去に民事上の共同養育制度があったなら、私の母親や大学院時代からの友達は、独りで子育てをしなくてもよかっただろう。

 

Original text from Aeon

We need a contract for co-parenting, not just for marriage

When I was in graduate school in the United States in the early 1980s, a member of our women’s support group informed us that she was pregnant. Although she was single and not in a serious relationship, she told us she intended to have the baby and raise it herself. She decided not to tell the genetic father, as she feared that he would pressure her to get an abortion, or disappear and then later try to enter the child’s life. She preferred to parent alone.

My mother was in a similar position, even when she was married to my father. In the US at the time, it was common for fathers not to be involved in raising the children. What we would now call a ‘traditional marriage’ never really spelled out any principles for shared parenting, except to assign all basic childcare to wives. A father might be called upon occasionally to back up a mother’s disciplinary rules, but I felt somewhat lucky that my mine was never enlisted for this role. When my parents separated, there was no question about who would get the kids: the wife, my mother. Once my parents divorced, my father was around even less, and never got to know my children (my eldest was 12 years old when he died).

These scenarios – being a single parent by choice, and raising children in a marriage and after a break-up – point to the fact that the institution of marriage often fails to facilitate the complex and shifting nature of parenthood. The modern family is changing, and an increasing number of people are choosing to have children outside marriage in the first place. In 1970, 11 per cent of all births in the US were extramarital; by 2014, it had climbed to around 40 per cent. In countries including Norway, Sweden, France, Mexico and Iceland, more than half of all children are born outside of marriage.

This trend troubles some observers, who think that marriage is necessary for the stability of the family. But people become parents under many different circumstances, and often these circumstances aren’t conducive to marriage anyway. Is there an alternative that adds a degree of financial and emotional security to the lives of parents and children?

Yes: akin to a public marriage contract, we need an official ‘co-parenting agreement’ and associated civil status, which not only enshrines the rights and responsibilities of each parent in respect of their children, but also sets out the principles by which they relate to one another and make decisions.

Although children benefit greatly from having the ongoing support of several adults as they grow up, they don’t necessarily need this nurturing from people who commit to marriage. Their parents simply need to cooperate effectively, to respect the relationship the other has with the children, and to contribute in comparable ways to caregiving and family finances. In the United Kingdom, parents who are unmarried, separated, remarried or step-parents can already enter into a ‘parental responsibility agreement’ that aims to establish the terms of shared custody of the children. This includes obligations to keep co-parents informed about a child’s basic wellbeing, and to assist with providing housing, schooling, medical care and other costs.

However, I think that we need to take the notion of official co-parenting a step further – to include parents who might never intend to marry or live together, or who don’t wish to enter into an emotionally intimate relationship. In the US, organisations such as Family By Design and Modamily have sprung up to help single adults find a suitable co-parent for forming a family ‘minus the couple’, as a New York Times article put it. But without the state’s legal recognition, co-parents must draw up their own agreements. Such privately negotiated contracts could fail to protect the rights of weaker or vulnerable parties, or might reflect the quality of legal advice one can afford.

Of course, like marriage, entering and continuing a public, formal co-parenting agreement should be voluntary; parents should always be free to enter into private or informal arrangements, if they wish to do so. But without an institutionalised public option, we expose families to the risk of nightmarish conflict, especially when relationships break down.

When people become parents, they might not be able to anticipate all the ways in which their interests could be interfered with or undermined. Particularly after a break-up, parents often use tactics that they might admit are unfair, and would be incensed if used against them. But when access to their kids and involvement in their lives is at stake, moral consideration for the other parent is not a priority, even for otherwise decent people. Among my friends, and friends of friends, I have seen one parent use a partner’s lack of US citizenship as a bargaining chip to gain access to the children. Another took advantage of the circumstance that her same-gender co-parent had not obtained legal parent status. Yet another elected to move residence far away from the other parent, which made shared arrangements impractical. Many of us know similar stories.

Because marriage generally does not cover the terms of shared childrearing, public co-parenting contracts would offer a social insurance scheme for both ‘traditional’ and non-traditional families. An official contract would help to safeguard parents’ basic entitlements, such as the right to be involved in the lives of one’s children and to appropriate forms of child support from each co-parent. If and when cooperation among the co-parents breaks down, the existence of an agreement can guide courts or mediators in negotiating new agreements for shared parental responsibility.

The process of formalising one’s status as a parent would also encourage people to think through and communicate their expectations right from the start. When we cross the threshold to parenthood, surely it’s sensible for society to nudge parents to reflect on and discuss who will make career sacrifices to be at home with the children, how the children will divide their time if the parents have separate households, and how important decisions will be made that affect a child’s future.

Of course, it can be hard to know precisely what to expect in advance of something as momentous as having a child, and the contract doesn’t have to lay it all down in detail. But the point is that future decisions would take place in the context of a formal commitment and a public declaration about the primacy of the co-parenting relationship in one’s life. Such an agreement would also provide an incentive for parents to work things out to their mutual benefit – in part because they know that ending the arrangement has tangible consequences.

In short, one’s rights as a parent, and the relationship with one’s children, shouldn’t be contingent on the ups and downs of one’s love life. Co-parenting as friends, or at least as collaborators, is good for children, adults, and society. If a civil institution of co-parenting had been available, both my mother and my friend from graduate school might not have had to go it alone.Aeon counter – do not remove

[object Object]

This article was originally published at Aeon and has been republished under Creative Commons.

Translated by Takahiro Hoshima

友情とは誠実さであり、法律ではない。それを取り締まるべきか?

私の大叔父にあたるマット・プランケットは、1906年にバッファロー・ビル・コーディが町にやって来た時、サウスダコタ州デッドウッドの保安官だった。数十年前に地元の酒場でポーカーの揉め事で殺されたワイルド・ビル・ヒコックの銅像の横で、口髭を蓄えた叔父の保安官プランケットとバッファロー・ビルが一緒に並んでいる写真が1枚残っている。簡素な説明文によれば、バッファロー・ビルは友人であり名うてのガンマンである仲間に敬意を払う為にデッドウッドを訪れたらしい。しかし、なぜ私の叔父がそこに一緒にいたのかは知る由もない。おそらく平和を維持する為だったのだろう。

緊密な人間関係の中でも、とりわけ友情というのは無法な性質のものだ。だからこそ、21世紀の西部開拓時代とも言うべき現代のデジタル世界において、友情は強い影響力のある人間関係と成り得たのである。デジタル・ソーシャル・ネットワークは、私的な情報の共有によって成り立っているが、それは現実世界の友達関係とほとんど変わらない。このテクノロジーの進化は、自分自身だけでなく周りの人々の情報についても、共有を促す。私たちの日頃の人間関係の中で、最も大きな分類はどういう人たちだろうか?それは、友達だ。そうではあっても、昔の歌にもあるように、銀や金などのような価値がある人もいれば、それ以外にもさまざまのタイプがいる。

友達とは、感情、習慣、規範によってお互いが結びついているものであり、結婚や育児といった責任を課せられるような法的に定義された関係ではない。誰とでも友達になれるし、その数が多い方が楽しいというのが一般的な考え方だ。しかし、デジタル世界の到来により、友情は以前よりも問題をはらむようになった。オンラインとオフラインの区別なく、私たちは友達の情報を本人の許可なく、また法的な規制なしに(誹謗および中傷を除く)共有する事が出来るようになったのだ。

友達と共有された情報は、最終的に友達同士のネットワーク外の当初は閲覧の対象としていなかった意図しない人にも見られる可能性がある。例えば、数年前のハーバード大学関連のFacebookグループの不祥事では、参加した学生グループの内輪のジョークとして書かれた内容が人種差別的で攻撃的だったとして、その学生たちはハーバード大学への入学を取り消された。

私たちは、知らぬ間に友達の情報を共有してしまう可能性もある。例えば、特定の相手に打ち明けたはずの内容が、メールの送信ミスやFacebookの投稿設定を間違えるだけで、思いがけず公衆の目にさらされる危険性がある。現在だけでなく、将来的に私たちの子供たちが就職活動をする時、雇用主はソーシャルメディアおよびその他のデジタルデータを駆使して私たちを調べ、その判断材料とするだろう。そのような理由から、友人が自分たちについて何を公開しているかは、非常に重要な事だと言える。

オンライン上の友達によって法的トラブルに巻き込まれる事も考えられる。現代のデジタル社会のソーシャルネットワークでは、米国へ入国しようとする際、入国管理官が入国者のネットワーク上の友人の発言を怪しんだり脅威的なものであると判断すれば拘束しており、既に誰かの行動の自由を制限するのに使われている。また、デジタル生活に付随する行き過ぎた情報共有は、近年、多くの監視者やスパイを生み出している。それらの者は、友情で許されている無法地帯を標的にする為にテクノロジー企業から雇われており、いわば友情のKGBが私たちの日常に対して組織的な監視とトップダウン型の支配を課しているのだ。

Facebookが私たちの情報を利用して、ニュースフィードに表示される友達の情報を含め、友達との交流を統制していることは誰もが知っている。一方で、第三者が自分たちの利益を追求する為に、自分の友達とのやり取りを未知の制御不能な方法で密かに頻繁に利用している事はあまり知られていない。過去に、Facebookユーザーの友人に関するデータが、(ユーザーが認識していない、あるいはその許可を得ずに)政治関連のコンサルティング会社の「ケンブリッジ・アナリティカ」へ渡り、政治広告のマイクロターゲティングに利用された事例もある。

このような混沌とした情報社会の中であっても、友情そのものについては、規制される事はない。誰かと友達になるのに、結婚する時のような許可は必要なく、誰かの友達になったとしても子供を育てるような法的義務を負うことはない。また、何か買い物する時のように、書面か暗黙かに関わらず、何らかの契約を結ぶ事もない。

中高生や大人になると、友達との関係性はルームメイト、ビジネスパートナー、共同親権者、恋人など、規定された領域へ移り変わる事もある。しかし、法的な観点から考えると、友情そのものについては、概してこれまで定義されてこなかった。注目すべきは、米国最高裁判所が公表した判決理由(1790年以降)のうち、「友情」という言葉を含むものはおよそ210件だった。一方、「結婚」という言葉が含まれていたのは1,000件以上あった。また、「友情」という言葉が使用された判例のほとんどは、個人的かつ日常的な友達である事に関して議論しているわけではなく、それらは国際条約の名称や船名に「友情」という言葉が含まれていたり、そうでなければ友情によって誰かの法的義務の遂行を許容出来なくするような状況であり、休み時間に一緒に遊ぶ相手であったり、嫌な事があった時にメールをする相手とはかけ離れた状況についてのものだった。

しかし、ようやく「友情」の法的な定義が具現化して形成されるようにになってきた。友情が無法である性質であり、ソーシャルメディアでの規制が緩いことからも、多くの法域ではインターネット上での虐めに対処する法律を制定する必要性に迫られている。これらの法律は、友達である為に何をすべきかを定めたものではなく、自分が虐めの加害者ならないように何をしてはいけないかを定めたもののように表面的には見えるだろう。しかし、虐めと逆の事を想像してみると、法律がどのように「友達になる事」を捉えているかが見えてくる。

それでは、ニューハンプシャー州(私はかつてそこで若者を対象とした法律支援の弁護士を行っており、現在は法学部の教授をしている)の例を見てみよう。ニューハンプシャー州の初等・中等学校の生徒を対象とした「生徒の安全と暴力防止法」(2000年)によれば、虐めとは、生徒が他の生徒に対して次のような行為を1つ以上、行うことである。

1. 物理的な危害を加えたり、所有物に損害を与える。
2. 精神的苦痛を与える。
3. 教育機会を妨害する。
4. 好ましくない教育環境を作り出す
5. 学校の秩序ある運営を実質的に妨害する。

インターネット上の虐めは、上記のような行為が電子機器の使用を通じて発生する。
では逆に友達になるには、生徒には以下が求められる。

1. 他の生徒およびその所有物を物理的に支援または改善する。
2. 他の生徒に精神的な安らぎを与える。
3. 他の生徒の教育機会を支援または強化する。
4. 好ましい教育環境を作る。
5. 学校の秩序ある運営を実質的に保護する。

インターネット上の友達づきあいには、上記の行動を電子的に行う必要がある。

ニューハンプシャー州の法律は、生徒同士を友達にすることを意図しているわけではなく、友情の促進がいじめ防止になる事を暗に示している。友情の促進は、社会的および情緒的な学習を促進する教育技術の活用や、向社会的な行動にポイントを与えるカリキュラムなどを通じて、既に学校で行われている。

友情の促進は、理論的には前向きな目標ではあるが、専横的なものであってはならない。虐めっ子であるという理由ではなく、友達ではないという理由で罰せられるようならば、友情を生み出す事のできる無法地帯を失ってしまうだろう。

私たちは、友情という無法地帯を当たり前のものだと思っている。「友達になるライセンス」をもらう為に役所へ行くだろうか?あり得ない。友情関係が終わった後でも元の友人に対してサポートをしなければならない?そんなのは馬鹿げている。しかし、私たちがよく目にする友情による取り締まりは、個別の友人関係だけでなく、友情という制度そのものに密接に関係している。例えば、人種差別的な発言によって大学入学許可の取り消しを正当化するなど、特定の状況で友情による取り締まりに共感する事があっても、友情による取り締まりの仕組みや望ましいあり方については、切り離して検討する価値があるだろう。

自由を守る為の努力を持続する一方で、友情が無法である性質も守られなければならない。友情から無法である性質が失われ、世界中の保安官のような人達やサイバー監視システムに守られるようになると、友情は忠誠心や親近感や信頼ではなく、戦略や通貨、囚人のジレンマ(「あなたが私のことを明かさないなら、私はあなたのことを知っていることを明かさない」)のようなものになってしまう怖れがある。心の中で友情の絆が無法地帯である事に敬意を払いつつ、自分自身の中に存在する新しい領域を切り開いていこう。

Original text from Aeon

Friendship is about loyalty, not laws. Should it be policed? 

My great-great-uncle, Matt Plunkett, was the sheriff of Deadwood, South Dakota, back in 1906, when Buffalo Bill Cody came to town. One picture shows moustachioed Sheriff Plunkett with Buffalo Bill next to a statue of Wild Bill Hickok, who’d been killed decades earlier over a poker dispute in a local saloon. According to the caption, Buffalo Bill was in Deadwood to ‘pay his respects’ to a friend and fellow gunslinger, though why my uncle was there I don’t know. Perhaps to keep the peace.

Friendship is the most lawless of our close relationships. That’s why it’s been the dominant human relationship on which today’s digital world, a 21st-century Wild West, has been won. Digital social networks are built on the sharing of private information – just like real-world friendships. The technology encourages us to share, both about ourselves and the people around us. Who is likely to comprise the largest category of people we interact with every day? Friends, from the silver to the gold, as the old song goes, and many other types of metal too.

Friends are tied to each other through emotions, customs and norms – not through a legally defined relationship, such as marriage or parenting, that imposes obligations. Anybody can become friends, we believe, and more is always merrier. But with the advent of the digital domain, friendship has become more fraught. Online and off, we can share information about our friends without their permission and without legal restriction (except for slander and libel).

Information shared between friends can wind up being seen by people outside the friendship network who are not the intended audience. One example is the Harvard Facebook group scandal a few years ago when racist, offensive content allegedly meant as inside jokes between admitted students was treated as grounds for revoking these students’ offers of admission to Harvard University.

Sometimes we share a friend’s information unwittingly. For instance, in-person confidences can inadvertently find their way to the public domain; all it takes is one careless email or the wrong privacy setting on a Facebook post. As we – and eventually our children – apply for jobs, prospective employers will likely use social media or other available digital data trails to learn about us and judge us. Therefore, what our friends reveal about us matters a great deal.

Our online friendships can even get us in legal trouble. Digital social networks are already used to detain people trying to cross into the United States when statements by friends in their network are deemed by border agents to be suspicious or threatening. Adding to the challenge, digital life and the oversharing it entails has, in recent years, given rise to a roving army of monitors and spies. Hired by tech companies to prey on the lawlessness that friendship allows, a sort of friendship KGB imposes systemic surveillance and top-down control of our online lives.

Everyone knows that Facebook uses our information to control its interactions with us, including what shows up in our newsfeed from our friends. Fewer recognise the third-party companies typically behind the scenes of our interactions, often using our information in unknown and uncontrollable ways in pursuit of their own goals, such as when data about Facebook users’ friends made its way to the Cambridge Analytica political consulting firm (without those users’ knowledge or permission) and was then used to micro-target political ads.

Amid all this chaos, friendship itself remains unregulated. You don’t need a licence to become someone’s friend, like you do to get married. You don’t assume legal obligations when you become someone’s friend, like you do when you have a child. You don’t enter into any sort of contract, written or implied, like you do when you buy something.

As teenagers or adults, friends can wind up in regulated areas – roommates, business partners, co-parents, lovers. But from the legal perspective, friendship itself has historically been largely undefined. Notably, there are roughly 210 published opinions by the US Supreme Court (since 1790) that contain the word ‘friendship’. By contrast, more than 1,000 contain the term ‘marriage’. Most of the ‘friendship’ cases don’t even discuss the personal, quotidian experience of being friends. They are about international treaties, or boats whose name includes the word ‘friendship’, or situations when friendship impermissibly shapes the execution of someone’s legal duties, or other situations far removed from whom you play with at recess or text on a bad day.

But finally, we’re seeing a legal definition of friendship start to take shape. Because of the lawless nature of friendship and the lightly regulated space of social media, many jurisdictions have found it necessary to pass laws that address cyberbullying. On their face, these laws don’t set out what you need to do to be a friend; they set out what you are not allowed to do because it makes you a bully. However, if you imagine the opposite of bullying, you can see what the law thinks it means to be a friend.

Let’s take New Hampshire, where I used to be a legal aid lawyer representing youth clients and am now a law professor. The state’s Pupil Safety and Violence Prevention Act (2000) for students in primary and secondary school says that bullying happens when a student does one or more of the following to a peer:

  1. Physically harms a pupil or damages the pupil’s property;
  2. Causes emotional distress to a pupil;
  3. Interferes with a pupil’s educational opportunities;
  4. Creates a hostile educational environment; or
  5. Substantially disrupts the orderly operation of the school.

Cyberbullying occurs when this behaviour takes place through the use of electronic devices. Let’s flip it. To be a friend, a student would need to:

  1. Physically support or improve a peer or their property;
  2. Cause emotional comfort to a peer;
  3. Support or enhance a peer’s educational opportunities;
  4. Create a positive educational environment; or
  5. Substantially protect the orderly operation of the school.

To engage in cyberfriendship, this behaviour would need to take place electronically.

The law in New Hampshire doesn’t purport to turn students into friends, but implicit in bullying prevention is friendship promotion. And friendship promotion is already underway in schools through the use of educational technologies that promote social and emotional learning and curricula that award points for prosocial behaviours.

Friendship promotion is a positive goal in theory but it shouldn’t be dictatorial. If you could be punished for not being a friend rather than for being a bully, that would undermine the lawlessness that makes friendship so generative.

We still take the lawlessness of friendship for granted. Going to the town hall to get a ‘licence to friend’? Preposterous! Having to pay support to an ex-friend after the friendship ends? Ridiculous! But the instances of friendship policing we do see have powerful implications for individual friendships and also for the institution of friendship itself. Even if you are sympathetic to the use of friendship policing in a particular situation – for example, if you think that racist statements justify revoking university admission – it is worth reflecting separately on the structure and desirability of friendship policing itself.

We continually strive to protect our freedoms, but the lawless nature of friendship must be protected, too. As friendship becomes less lawless, more guarded by cybersurveillance and the uncle Matts of the world, it might also become less about loyalty, affinity and trust, and more about strategy, currency and a prisoner’s dilemma of sorts (‘I won’t reveal what I know about you if you don’t reveal it about me’). Let’s keep paying our respects to those bonds of friendship that are lawless at heart, opening new frontiers within ourselves. Aeon counter – do not remove [object Object] This article was originally published at Aeon and has been republished under Creative Commons.