企業の資金調達方法

投稿者: | 2015年9月15日

会社が資金を調達する方法として、「デットファイナンス」と「エクイティファイナンス」の大きく二つの方法があります。
「デットファイナンス」とは銀行からの借り入れや普通社債のようないずれ返済しなければいけない資金調達方法です。一方で、「エクイティファイナンス」とは、「新株発行を伴う資金調達」のことを指し、「株主割当」、「第三者割当」、「公募」といった払込を伴う増資のほか、転換社債型新株予約権付社債(CB)等の新株予約権付社債の発行といった場合にも用いられます。エクイティファイナンスは、企業の財務体質を強固にする一方で、株主である投資家にとっては、調達資金が収益拡大に貢献する投資にあてられない場合、1株当たりの価値の希薄化し、配当に影響するなどのリスクがああります。また企業がエクイティファイナンスを実施する場合、株式市場がポジティブに評価して株価が上昇することもありますが、ネガティブに評価して株価が下落することもありますので、実施する際には、株主に対して合理的で納得のいく説明が求められます。

デットファイナンス ・・・・・・ debt finance
エクイティファイナンス ・・・・・・・ equity finance
増資 ・・・・・・ capital increase
転換社債型新株予約権付社債 ・・・・・・ convertible bond
株価 ・・・・・・ stock price (equity price)