禁反言の法理

投稿者: | 2015年9月15日

「禁反言」とは、自己による言動や記載(表示)によって、それらを事実と信じてそれらを前提に行動した相手に対し、それらをの言動や記載(表示)した者はそれらが虚偽であったと主張したり、それらと矛盾するような客観的な真実を主張することはできないという英米法の法理です。説明条項 (whereas clause)は当事者間の合意内容ではないのでこの記載によって契約内容自体が拘束されることはありませんが、契約にいたるまでの経緯が正確に記載されるべき箇所であることから、もし訴訟が起きた場合にそれらと矛盾することは主張として認められないので、説明条項と言えども記載にはよく注意をはらうべきです。

禁反言 ・・・・・・ estoppel
法理 ・・・・・・ legal principle
訴訟 ・・・・・・・ litigation (suit, lawsuit)
矛盾 ・・・・・・・ contradiction